個人ではじめたLINE@の友達数が100人に到達しました。

個人でも人気アカウントの方は、数千人〜のお友達がいらっしゃるので、私は特別多いわけではありませんが・・・

 

でも、LINE@は様々な媒体の中でも圧倒的に濃いリストだな〜と感じています。

IMG_0608

 

例えば、Twitterのフォロワー数は、適当なツールなどを使えば数万フォロワーは集まります。

大抵BOTなので、フォロワー数=ファン数とは言えません。

 

Facebookはどうでしょう??

これも5000人まで友達を増やせますが、たいてい『いいね!』しあって満足なレベルではないでしょうか?

5000人いても、なかなかあまり濃い関係は築けてない方が多い気がします。

 

対して、メルマガの読者はもっと濃いリストとして集めることができます。
(集め方にもよりますが、、、)

しかし、それでも開封率はどんどん下がりますし、毎回きちんと読む方はかなり限られると思います。

 

その点、LINE@はまだツールで友達を集めることができない(たぶん)ですし、開封率や到達率が高いです。

そして、クローズドで個別&気軽にコミュニケーションがとれます。

 

でも、もしLINE@というサービス自体が終わた場合、リスト(友達)はなくなってしまいますので、メルマガのリストのように資産価値はありません。

それを考えても、かなり濃いリストなのは間違いないかと思いますね。

 

私のLINE@の友達は、美容室経営に興味ある方と私個人に興味ある方しか友達になっていないわけですから、100人は決して少なくないと思っています。

個人的な感覚としてですが、LINE@の友達数100人はメルマガ読者数の1000人くらい(10倍)の価値がある気がしますね。

 

ただ、私自身もまだうまく発信できてないのでもう少し勉強しなくてはなりませんがね、、

今後もトライしていきたいと思います!

The following two tabs change content below.
鈴木和敏
福島県内で8店舗の小さな美容室「カミケン」を運営。 25歳の時に一人で開業して以来、0%〜5%以下の離職率を13年間継続中。 開業当初は「美容師の延長」で職人経営をしていたが、震災で資金ショートした時に「このまま職人経営ではスタッフを不幸にする」と感じ、経営者への転身を決意。 35歳でハサミを置いてからは、スタッフ一人当たり年間粗利額1,000万という基準値もクリア。 社員の平均月収は役職がない若手スタッフの平均でも35万以上を維持し、店長平均は50万を超える。 現在は、自身の経験と実績をベースに「年間利益2000万以上」「現場を任せて億越え」などの実現を目指す方へのサポート活動が中心。 信条は、「経営者にとってはスタッフが最上位顧客」「美容室経営は美容師の仕事の延長ではなく経営者への転身」など。