今発売中の業界誌「ネクストリーダー」7月号から私の連載コーナーがスタートしました。

http://kazutoshi-suzuki.com/news/2017-6-6

 

今回は、いきなりウチのスタッフの給与明細の中身を暴露しています。

実際、かなりの金額です。笑

興味があれば買ってみてくださいね。

 

私のセミナーでも、

「売上より利益だ」

「利益を追求しないビジネスはただの自己満だ」

とか、やたら【利益】を口にします。

一見すると、カネ目当てみたいに見えるかもなんで、勘違いしないで欲しいんですが・・・

 

【ビジネスの最終目的を利益にしよう】

 

という意味ではありません。

 

【利益があれば、やりたいことがもっとできるよね】

 

ということが言いたいわけです。

 

例えば、利益があれば設備投資ができるのでお客さんはもっと快適になりますね。

当然、スタッフも働きやすくなります。

また、スタッフ教育にお金をかけることも、新規事業にチャレンジすることも可能になります。

そして、スタッフに思い切って任せて、失敗させる体力(余力)までつきます。

 

つまり、

「利益を残して、もっと稼いで税金払おう」

ではなく、

「利益を残して、もっと本来やりたいことに投資しよう」

ということなのです。

 

私の場合は、スタッフの生活やスタッフの家族の幸せのために、利益を限界まで投資に回しています。

収入や休みなどの労働環境はもちろん、やりがいも「日本一の美容室」を目指したいですね。

 

規模をでかくしたいとは考えていません。

今いるスタッフの「幸せ度」を上げたいだけなのです。

 

それは生産性60万程度じゃ無理な話だし、社長の私がバリバリサロンワークをしているようでは難しかったということなのです。

 

今後のネクストリーダー連載でも、解説していきたいと思います。

(打ち切りがなければ・・・笑)

 

P.S
新店舗出店にあたり、弊社求人のご案内です。

美容師さん1〜2名、カフェ店員1〜2名ほど募集してます。

基本的に美容師さんは採用待ちがいるんですが・・・

より「ビジョン」を共有できる仲間を選んで採用したいため、まだ応募自体は可能です。

パートOKですので、福島市&郡山市で働ける方は私のLINEに相談希望のご連絡を。

http://line.me/ti/p/%40kazu_kamiken

 

▶︎スマホ版「求人案内サイト」はこちらです。

http://recruit-sp.kamiken.jp

The following two tabs change content below.
鈴木和敏
福島県内で8店舗の小さな美容室「カミケン」を運営。 25歳の時に一人で開業して以来、0%〜5%以下の離職率を13年間継続中。 開業当初は「美容師の延長」で職人経営をしていたが、震災で資金ショートした時に「このまま職人経営ではスタッフを不幸にする」と感じ、経営者への転身を決意。 35歳でハサミを置いてからは、スタッフ一人当たり年間粗利額1,000万という基準値もクリア。 社員の平均月収は役職がない若手スタッフの平均でも35万以上を維持し、店長平均は50万を超える。 現在は、自身の経験と実績をベースに「年間利益2000万以上」「現場を任せて億越え」などの実現を目指す方へのサポート活動が中心。 信条は、「経営者にとってはスタッフが最上位顧客」「美容室経営は美容師の仕事の延長ではなく経営者への転身」など。