私には、美容師さんから定期的に

「カミケンさんは今、美容師の求人をしてますか?」

という問い合わせがあります。

今年も数十件いただきました。

この質問に対しては、ちょっと先にお伝えしておきたいことがあるので・・・

ここで一言書いておきたいと思います。

 

基本的には美容師さんの採用待ち状態が続いてます

カミケンの美容師求人状況ですが、基本的には開業当初から10年以上、

「定員オーバー採用待ち状態」

が続いています。

ほとんどの店舗が、席数に対してスタイリスト数が同じか、または越えている状態。

もしくは、空いていても次の採用予定者がすでに決まっていたりします。

 

席が空いていて、次の美容師さんが決まっていないお店の場合でも、

「一人当たりの売上の向上」

を最優先に考えているという理由もあります。

 

なのですが・・・

だからと言って、求人の問い合わせに対して「門前払い」をすることはありません。

 

美容師さんからの応募や相談は大歓迎

それにも関わらず、実は美容師さんからの応募や相談自体は、ずっと続けて受け付けています。

ん?

定員オーバーなのに、応募や相談は受け付けている!?

それは一体どういうことかというと…

 

カミケンでは、美容師さんを採用するかどうかは

【応募してくれる美容師さん次第】

という風に考えているからです。

 

基本的に私は、「美容師さんのステージ作り」が趣味(仕事)なんです。笑

 

あなたにやる気や想いがあるならば、大げさに言うと・・・

「店を作ってでも採用して応援したい」

というケースもあるかもしれません。

 

なので、こちらが美容師さんを求人してるかはあまり気にせず、求人のご相談をいただければと思います。

 

夢や目標(ビジョン)を叶えたい美容師さんを応援します

というわけですので、もしカミケンに興味がある場合は、私のLINE@にお問い合わせをください。

質問攻めでも構いません。笑

もしあなたに、本気の熱意や覚悟があるならば…

私は、あなたのための「ステージ」をご用意させていただきたいと思っています。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

※PCの方は【 @kazu_kamiken 】で検索を。

img_9178

The following two tabs change content below.
鈴木和敏
福島県内で8店舗の小さな美容室「カミケン」を運営。 25歳の時に一人で開業して以来、0%〜5%以下の離職率を13年間継続中。 開業当初は「美容師の延長」で職人経営をしていたが、震災で資金ショートした時に「このまま職人経営ではスタッフを不幸にする」と感じ、経営者への転身を決意。 35歳でハサミを置いてからは、スタッフ一人当たり年間粗利額1,000万という基準値もクリア。 社員の平均月収は役職がない若手スタッフの平均でも35万以上を維持し、店長平均は50万を超える。 現在は、自身の経験と実績をベースに「年間利益2000万以上」「現場を任せて億越え」などの実現を目指す方へのサポート活動が中心。 信条は、「経営者にとってはスタッフが最上位顧客」「美容室経営は美容師の仕事の延長ではなく経営者への転身」など。