実は私には「専属スタイリスト」がいます。

ちょっと前までは、ファッションにスタイリストをつけるなんて

【芸能人か!?】

なんて思ってましたが…

それが間違ってました。笑

ヘアスタイルもそうですが、服選びにもプロの「知識や技術」が必要なのです。

 

芸能人みたいに華がない人こそ、容姿や体型をカバーしたり、

「相手にどう見られるか?」

を考えなくちゃいけないからです。

 

ビジネスマンなら、外見で見込み客に

「どういう印象を持たれるか?」

はとても重要なポイントです。

 

つまり、ファッション一つでも売上や利益を増やすことも可能なのです。

 

さらに言うと、服選びすら外注化することで経営者の時間も有効に活用できます。

ちなみに、ショップ店員は「販売員」ですからコーディネートのプロではないです。

余計なものまで買わされますし。笑

 

もし、「専属スタイリスト」が欲しい方はご紹介も可能ですのでLINE@へご連絡を・・・

 

P.S
私の専属スタイリストをお願いしている大山さんが、4冊目の書籍を出版されました。

自分の「ブランディング」を考えたい経営者にはオススメの本ですよ。

http://amzn.to/2eRikr8

 

※この記事はメルマガから一部抜粋して投稿しています。

The following two tabs change content below.
鈴木和敏
美容室「カミケン」を運営。25歳の時に一人で独立開業し、現在は福島市&郡山市で6店舗に拡大。【深夜営業】【全席個室スタイル】【完全個別対応】などのブランディングにより、美容室が苦手な男女を中心に人気サロンに。自身の経験から「美容師の職場環境の改善」に力を入れた経営手法により、【美容師が集まる美容室】としても話題に。最近は主に美容室の経営コンサルティング活動をしている。