9月からスタートしているSBA鈴木塾2期ですが、早くもいい感じの成果報告が上がってきました。

http://salon-labo.com/blog/3100.html

 

いつも思いますが、成果を出す人はやはり行動の量も質も違いますね。

結局、ノウハウはたいして重要じゃないなぁ〜って感じです。

 

実際、私はブログやメルマガでも、セミナーと同じようなことをお伝えしてます。

1000円のセミナーでも、端的ではあっても重要なことは伝えちゃってますしね。笑

 

塾生になると、高額を払っていますから、回収するために

「やらざるを得ない」

というくらいの差じゃないでしょうか。

 

そういう意味でも、学んだことはいったん素直にやってみるのが正解です。

 

事実、私のブログやメルマガだけで成果が上がったという報告もたくさんあります。

ついでに言うと、無料でも有料でも関係なく、私が欲しいのは「成果報告」です。

 

そして成果報告は、失敗か成功かはあまり重要ではありません。

大事なのは、

◼︎何をどんだけやったか?
◼︎それによって何にきづけたか?

です。

成功の反対は、「何もしないこと」なので・・・

 

※この記事はこちらのメルマガから抜粋して投稿しています。

The following two tabs change content below.
鈴木和敏
福島県内で8店舗の小さな美容室「カミケン」を運営。 25歳の時に一人で開業して以来、0%〜5%以下の離職率を13年間継続中。 開業当初は「美容師の延長」で職人経営をしていたが、震災で資金ショートした時に「このまま職人経営ではスタッフを不幸にする」と感じ、経営者への転身を決意。 35歳でハサミを置いてからは、スタッフ一人当たり年間粗利額1,000万という基準値もクリア。 社員の平均月収は役職がない若手スタッフの平均でも35万以上を維持し、店長平均は50万を超える。 現在は、自身の経験と実績をベースに「年間利益2000万以上」「現場を任せて億越え」などの実現を目指す方へのサポート活動が中心。 信条は、「経営者にとってはスタッフが最上位顧客」「美容室経営は美容師の仕事の延長ではなく経営者への転身」など。