最近、メルマガで本の紹介が減ったせいか、イベントなどで出会う経営者さんから

「鈴木さんがオススメする本は何ですか?」

ってことを良く聞かれます、、、笑

 

正直言うと、読み手の知識やステージなどでオススメしたい本は変わってきたりします。

昔買った本を久しぶりに読んだら、すごくいいこと書いてあることに気づいたりしません?

そう言う意味では、とりあえず興味あるタイトルをかたっぱしから読んでみることがオススメですね。

 

私は月1くらい、アマゾンで10冊くらいはタイトルでまとめ買いします。

それをサクッと1冊15分以内で流し読みです。

ビジネス本は「文章を読む」より「タイトルや見出し」で読めば十分ですから。

一冊5分もかからなかったら、もう捨ててください。

私は、3分でゴミ箱に行く本もあります。笑

 

あ、一度捨てた本をまた買ってたりしますが。。。笑

出会いのタイミングが来たら、またその本に出会うはずということです。

 

P.S
ちなみに私はこちらも年間購読しています。
http://directlink.jp/tracking/af/1130368/tfyVwSB0/

私のメルマガ読者さんはもう読んでる方も多いですが、ダイレクト出版の本は衝撃的な出会いが何度もありますよね。

「職人美容師」にはまったく縁のない世界でしょう。

職人経営を目指すならば、まずはこちらからビジネスの世界に触れてみてください。

http://directlink.jp/tracking/af/1130368/tfyVwSB0/

 

※この記事はこちらのメルマガから抜粋して投稿しています。

The following two tabs change content below.
鈴木和敏
福島県内で8店舗の小さな美容室「カミケン」を運営。 25歳の時に一人で開業して以来、0%〜5%以下の離職率を13年間継続中。 開業当初は「美容師の延長」で職人経営をしていたが、震災で資金ショートした時に「このまま職人経営ではスタッフを不幸にする」と感じ、経営者への転身を決意。 35歳でハサミを置いてからは、スタッフ一人当たり年間粗利額1,000万という基準値もクリア。 社員の平均月収は役職がない若手スタッフの平均でも35万以上を維持し、店長平均は50万を超える。 現在は、自身の経験と実績をベースに「年間利益2000万以上」「現場を任せて億越え」などの実現を目指す方へのサポート活動が中心。 信条は、「経営者にとってはスタッフが最上位顧客」「美容室経営は美容師の仕事の延長ではなく経営者への転身」など。