美容室経営者に限りませんが、成功者は必ずと言っていいほど、「自分は運がいい」というような発言をします。

私もかなり運に恵まれてきたと思います・・笑

 

ただし、私が考える「運」とは偶然やただのラッキーではなく「引き寄せ」です。

つまり、やるコトをやっているから起こる事象にすぎません。

 

例えば、美容師の求人を出したところで、応募するかどうかを決めるのは「相手」です。

美容室を出したところで、来店するかどうかを決める権利はこちらにはないわけです。

 

結局、すべて最後は「相手」が決めます。

 

何が言いたいか?というと・・・

「運」に頼れるレベルまで、準備をやりきりましょう!

ということです。

 

※この記事はこちらのメルマガから抜粋して投稿しています。

The following two tabs change content below.
鈴木和敏
福島県内で8店舗の小さな美容室「カミケン」を運営。 25歳の時に一人で開業して以来、0%〜5%以下の離職率を13年間継続中。 開業当初は「美容師の延長」で職人経営をしていたが、震災で資金ショートした時に「このまま職人経営ではスタッフを不幸にする」と感じ、経営者への転身を決意。 35歳でハサミを置いてからは、スタッフ一人当たり年間粗利額1,000万という基準値もクリア。 社員の平均月収は役職がない若手スタッフの平均でも35万以上を維持し、店長平均は50万を超える。 現在は、自身の経験と実績をベースに「年間利益2000万以上」「現場を任せて億越え」などの実現を目指す方へのサポート活動が中心。 信条は、「経営者にとってはスタッフが最上位顧客」「美容室経営は美容師の仕事の延長ではなく経営者への転身」など。