実は、私の第二子がもうじき産まれる予定です。

今回も、もちろん立ち会う予定なので、しばらくスケジュールはガラガラにしています。

一生に一度の大事な瞬間を、仕事で潰すわけにはいきませんからね。

 

コレはウチの男性社員も同じです。

出産には必ず立ち会うルールにしています。笑

仕事は人生において大切ですが、人生のすべてではないからです。

 

つまり、売上や利益を上げることは手段であり「目的」ではないのです。

 

売上、利益を上げることにより、

【どんな人生を歩みたいか?】

が大切です。

 

家族との時間

遊び・プライベート

社会貢献・事業展開

・・・

 

経営者としての前に「一個人」「一人の人間」として。

あなたが本当にやりたいことのために、ビジネスを最適化すればいいわけです。

 

そのためには、

【やりたいこと=仕事】

にした上で、

【働く時間を減らす】

ことを取り入れましょう。

遊びが仕事になって、仕事をしない時間も増やせたら最高ですね。

これにより、時間が限られた人生をより楽しむことが出来ます。

 

売上・利益を上げるアイディアはたくさんあります。

しかし、そこに「働く時間を減らす」という観点を付け加える人は少ないです。

 

ぜひ、あなたも

「売上・利益を上げること」

と、

「働く時間を減らすこと」

は、必ずセットで考えてみてくださいね。

 

※この記事はこちらのメルマガから抜粋して投稿しています。

The following two tabs change content below.
鈴木和敏
福島県内で8店舗の小さな美容室「カミケン」を運営。 25歳の時に一人で開業して以来、0%〜5%以下の離職率を13年間継続中。 開業当初は「美容師の延長」で職人経営をしていたが、震災で資金ショートした時に「このまま職人経営ではスタッフを不幸にする」と感じ、経営者への転身を決意。 35歳でハサミを置いてからは、スタッフ一人当たり年間粗利額1,000万という基準値もクリア。 社員の平均月収は役職がない若手スタッフの平均でも35万以上を維持し、店長平均は50万を超える。 現在は、自身の経験と実績をベースに「年間利益2000万以上」「現場を任せて億越え」などの実現を目指す方へのサポート活動が中心。 信条は、「経営者にとってはスタッフが最上位顧客」「美容室経営は美容師の仕事の延長ではなく経営者への転身」など。