今年からわたしが主催する連続セミナー「鈴木塾1期」がスタートしました。

今回は、初回の講座をあえて「お試し」と位置づけて、東京と福島の2カ所で開催したのですが・・・

結果、1期生はとても有能な美容室経営者15名の参加となりました。

 

テーマは美容師から経営者への転身

わたしの活動テーマは

「美容師から経営者への転身」

です。

 

【経営者が本来やるべき仕事はなんなのか?】

 

鈴木塾では、美容師として優秀すぎる経営者だからこそ見落としがちな「仕事の本質」に迫ります。

ここには、私自身がいま現在も実践しているノウハウがベースにあります。

なので、理屈を並べる机上の空論などの「キレイごと」はいっさいありません。

 

やたら、モチベーションをあげて参加者の満足度を高めるだけの

「ワイワイセミナー」

とはちょっとジャンルが違います。笑

 

経営者にとって「重要な仕事」はたった4%しかない??

実は、経営者が本来やるべき仕事はそんなに多くはありません。

パレートの法則で言えば、あなたが抱えているいる全体の仕事の2割を改善できれば十分なんです。

もっと言うと、その2割のうちの2割。

 

つまり、全体のたった4%さえしっかり見極めて、きちんと仕事に取り組めば、実はカンタンに経営改善ができるのです。

 

目的は何?

ターゲットは誰?

それって必要?

 

意外と単純な質問から答えは出てくることもあります。

例えば、売上アップ。

 

売上を増やすためには、

■美容師を増やす

■客数を増やす

■客単価をあげる

■来店回数や周期の改善

■店を増やす

など、たくさんやりたいことが出てくるでしょう。

 

さて、どこから取り組みますか?

 

実は、そこには適正な「順序」が存在します。

経営者として、シンプルによく考えればすぐわかるハズなんですが、、、

 

【売上を増やす理由はなんですか?】

 

この質問で、正しい行動の順序に気づけないと

「間違った売上アップ」

をしてしまうかも知れないのです。

 

鈴木塾2期の開催予定は??

職人オーナーから経営者への転身プログラムとして開催している「鈴木塾」ですが、いまのところ2期の開催時期は未定です。

たくさんの経営者さんからの依頼がありますので・・・

時期をみて突然オファーしたいと思います。

 

もし、興味がある方は、わたしのLINE@でお友達追加をしておいてください。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

IMG_7513

The following two tabs change content below.
鈴木和敏
福島県内で8店舗の小さな美容室「カミケン」を運営。 25歳の時に一人で開業して以来、0%〜5%以下の離職率を13年間継続中。 開業当初は「美容師の延長」で職人経営をしていたが、震災で資金ショートした時に「このまま職人経営ではスタッフを不幸にする」と感じ、経営者への転身を決意。 35歳でハサミを置いてからは、スタッフ一人当たり年間粗利額1,000万という基準値もクリア。 社員の平均月収は役職がない若手スタッフの平均でも35万以上を維持し、店長平均は50万を超える。 現在は、自身の経験と実績をベースに「年間利益2000万以上」「現場を任せて億越え」などの実現を目指す方へのサポート活動が中心。 信条は、「経営者にとってはスタッフが最上位顧客」「美容室経営は美容師の仕事の延長ではなく経営者への転身」など。